UnityでAndroidビルドしたら「Required API Level 26」「Android SDK is missing required platform API」とエラーが出たのでメモ

Unity

結構詰まったのでメモ。

環境は2019.4.13 f1 LTS

これを書いた日は2020/10/31です。

 

ただ、UnityのAndroidビルド関係は複数の要因で詰まるみたいで、この記事のやり方で直るかは人によると思います。

私の場合はこれで直ったということで、あくまでも参考に。

————-PR———————-

現在、2021年の新作人気アセットが50%オフで買えるunityアセットリフレッシュセールをやってるみたいです(日本時間2021/10/02 PM15:59まで)。

unityアセットリフレッシュセール50% off

欲しいアセットはこの機会に買っておくと良いかも。

————————————-

 

最初にAndroid Build Supportを入れたけど、デフォルトのサンプルシーンすらビルドできなかった(-_-;)

最初のプロジェクト作成の段階で、Android Build Supportとかいうのを入れました。

「これを入れれば簡単にAndroid用のapkをビルドできるのかな。便利な時代だね(*^-^*)」とか思ってたんだけど、ダメみたい( ̄▽ ̄;)

上の画像のエラーが出て、これで「Update Android SDK」を選んでも、「Use Highest Installed」を選んでも、エラーが出てビルドできない(-_-;)

 

最初は2020.1.11fでやろうとしたけどダメで、「LTSなら安定版らしいし大丈夫だろう」と思って2019.4.13 f1(LTS)を入れたけどダメだった。

LTSとは一体…。

長期サポートするってだけで、安定して動作するわけではない感じ?

Android Studioとかいうのを入れて、SDKファイルをAndroid Studioのフォルダに指定したら解決した

Android Studioはこれね。

Download Android Studio and SDK tools  |  Android Developers
Download the official Android IDE and developer tools to build apps for Android phones, tablets, wearables, TVs, and more.

 

これをインストールして、右下の歯車アイコンの「Configure」っていうのをクリックして「SDK Manager」ってのを選んで、

動作させたいAndroidバージョンのSDKをインストールする。

↑の赤枠部分、通常だと

C\Users\ユーザー名\AppData\Local\Android\Sdk

にSDKがインストールされるみたいだから、Unityの設定でSDKのパスをここに指定すればOK。

Unityで 編集(edit) → 環境設定(Preference)で、外部ツール(Extra tools?)のAndroid設定のSDKのチェックを外して、パスを書き換えればOK

赤枠部分に、Android Studioに書いてあったのと同じパスを指定すればOK。

ここでチェックを戻してしまうと、デフォルトでUnityに入ってるSDKが使われてしまい、最初のエラーが出てしまう。

注意点 Androidの実機をUSB接続してビルドする時、実機のAndroidバージョンとSDKのバージョンが合っていないとエラーが出る

AndroidのSDKはバージョンごとに結構な容量があるから、必要なやつだけ選んでインストールする感じなのかな?

接続する実機のAndroidバージョンが8.0なら、Android8.0のSDKをインストールしておかないといけない。

ただ、これはAndroid StudioのSDK Managerでインストールすればいいだけだから、詰まりはしなかったかな。

正常にビルドできたapkを、SDKを入れてないバージョンのAndroid端末にインストールしようとしたら「解析エラー」が出てダメだった

Android8.0のSDKを入れて、Android8.0端末を接続してビルドしてapkを作った後、そのapkをAndroid4.4のスマホに持って行ってインストールしようとしたら解析エラーが出てダメだった。

4.4のSDKを入れてからビルドしたら、ちゃんとインストールできました。

出来れば全部のバージョンをインストールしておいたほうがいいのかもしれないけど、あまりに古いのはもう切り捨てていく流れなのかな。

最近のAndroidアプリを見てると、大抵は4~5以降だけサポートって感じのが多いかな?

minimum API Levelがなんとか~ってエラーが出る時は、ビルド設定の最低APIレベルを見直す

ここちょっとうろ覚えだけど、ここの最低APIレベルとターゲットAPIレベルをいじったら直った。確か。

ただ、これもインストールしていないバージョンを指定するとエラー出るんだったかな?

面倒ならとりあえず使いそうなバージョンのSDKは入れておくといいかもしれない。

おわりに

これで無事にビルドしてAndroid端末に入れて動作させられたよ。

でもモバイル端末用だと容量の問題があるから、どうやって作っていくかはよく考えないといけないかもしれない。

とりあえずやってみたけど、私のモデルと床を配置しただけでアプリが40MBくらい行ったから、結構きついかも( ̄▽ ̄;)

動作もかなり重くなるから、これならwindows向けにしたり動画にしたほうがいいかな(;^_^A

 

まぁ一応作り方は分かったし、勉強になったからいいかな。

 

 

タイトルとURLをコピーしました