エックスサーバーのXPageSpeed機能を使ってみたが…競合しちゃってダメみたいだったメモ

pagespeedinsights xspeed xserverWebサイト運営関連

バーチャル3Dクリエイター神部まゆみです(*^-^*)

この記事は、エックスサーバーさんのXPageSpeed機能を使ってみたからその記録です。

 

8月末にメールが来てたからその時にやろうと思ってたけど、忘れてて後回しにしてました(;^_^A

xserver XPageSpeed

■PR■

現在Meta Quest2を買うと、なんとBeat Saberがタダで貰えるようです(2022/12/31 23:59まで)。ザッカーバーグ氏太っ腹すぎる…Σ(゚Д゚)

Meta Quest 2—完全ワイヤレスのVRヘッドセット【数量限定Beat Saber無料ダウンロード付】—128GB|Amazon

この機会にメタバースデビューしておくのも良いかも。

エックスサーバーのXPageSpeed機能とは?サイトスピードが264%も上がる!?

一言でいえばサイトの読み込みスピードが上がる感じ?

GoogleのPage Speed Insightsっていうサイトの読み込みスピードを図れるサイトがあるんだけど、あれのスコアがかなり改善するらしい。

PageSpeed Insights

 

なんか最大264%も早くなるって書いてあります。速すぎるΣ(゚Д゚)

xserver xspeed

でもあくまでも最大だから、最小だと1%とか誤差程度しかアップしない可能性もあるかもしれない。

わかんないけどね(笑)。

具体的な中身

エックスサーバーさんのページから引用すると、

  • CSSファイル、JavaScriptファイルなどの圧縮
  • 最適な画像タイプへの変換、軽量化
  • 同種のファイル(画像、CSS、JavaScriptファイルなど)を一つにまとめ、サーバーとクライアント間の無駄な通信(リクエスト)を削減
  • CSSファイル、JavaScriptファイル、画像ファイルのキャッシュ有効期間の延長
  • 小さなファイルサイズのCSSやJavaScriptをHTML内に埋め込む

って書いてある。

これらはワードプレスのプラグインやテーマの機能と競合する可能性があるから、不具合が出たりする可能性もあるかも。

XPageSpeedを導入した手順

 

手順1: sv10000.xserver.jp 以前のサーバーの場合は、新サーバーに無料移行する

これは私は数か月前にやった。

ちょちょっと手続きしたら、一日くらいで移行できたような覚えがある。

無料でできて読み込み速度結構上がったので、やってない人はやってみたほうがトクかも。

新サーバー簡単移行 ご利用手順 | レンタルサーバーならエックスサーバー
レンタルサーバー「エックスサーバー」のご利用マニュアル|旧仕様のサーバー環境の「新サーバー簡単移行」機能について、サーバー環境を移行するための利用手順に関するご案内です。

手順2:エックスサーバーにログインして「XPageSpeed設定」メニューから設定する

 

エックスサーバー xpagespeed

その後ドメインを選択して設定画面に進む。

 

現時点ではOFFになってるけど、デフォルトで全部ONにチェックが入ってるから、右下の「確認画面へ進む」を押せばいいかな。

エックスサーバー xpagespeed

私の場合はCocoonテーマとWP Optimizeプラグインで同様の機能をONにしてるから競合してるけど、とりあえず全部ONにしてやってみます。

今のところテーマやプラグインの機能が競合してても不具合が出たことは今のところないし、むしろPageSpeedInsightsの速度が上がったことのほうが多い気がする。

 

これで「変更する」を押せばOK。

エックスサーバー xpagespeed

これで終わりみたい。

何か不具合が出たらすぐオフにすればいいだけなので、試しにやってみるといいかもしれません。

XPageSpeed設定前と後で速度比較してみる

じゃあせっかくだからこの記事↓を測定してみます。

VRoid Studioで作ったモデルをVRChatに上げてVRで動かしてみたメモ
VRoid Studioで作った3DモデルをVRChatに上げてVRで動かしてみました。

XPageSpeed設定前

設定前がこれ。GIFアニメが足引っ張ってる以外は悪くないかもしれない。

pagespeedinsights xspeed xserver

「GIFはMP4かWebMにして軽くしなさい🤬」って画面外に警告が出ていましたが…(笑)。

MP4自動ループ再生にしておけばGIFアニメみたいに使えるけど、スマホブラウザによっては設定をいじっても自動再生されないのがネック(・_・;)

ミュートとインラインとかのタグ入れてもダメでした。

そのあたりは↓にも書いたけど、軽めのGIFだと警告出ないので、できるだけ軽くしたり使い分けていこうかなぁと。

ScreenToGifのGIFアニメを軽くする方法を模索してみた備忘録
フリーソフトScreenToGifで撮影したGIFアニメを軽くする方法を模索してみた備忘録

XPageSpeed設定後 悪化してるだと…!?Σ(゚Д゚)

えっ悪化してるじゃん…Σ(゚Д゚)

変わらないなら分かるけど悪化とかあるんか…?(~_~;)

エックスサーバー xpagespeed

設定直後にやったらスコアが変わらなかったので、エックスサーバーのサーバーキャッシュを削除、WP Optimizeプラグインでページキャッシュを削除してやってみたんだけどそれが原因?(~_~;)

反映に時間がかかってるかも?

うーんじゃあ翌日見てみようかな?

既にエックスサーバーのXアクセラレータver.2とかいうの使ってるし、CocoonやWP Optimizeプラグインで高速化設定してるから、そこで頭打ちになってる可能性も?(・_・;)

検索したら最初からスコアが悪い人はかなり良くなってるみたいだけど、最初からある程度いい場合はあんまり効果ないのかも?

翌日見たら管理画面のレイアウトが崩れていた…これ競合してるっぽいかも(-_-;)

↓なんかページの上に管理画面がズラッと一画面分くらい表示されていたΣ(゚Д゚)

スマホから見たら大丈夫だったけど、多分ログインしてる管理者画面のレイアウトが崩れているっぽい。

XPageSpeedの注意書きにも「レイアウトが崩れたら無効にしてくれ」って書いてあるから、仕方ないからオフにするか…。

Cocoonの高速化設定とWP Optimizeプラグインで競合してるんじゃないかと思うけど…。

設定いじれば上手く共存できるかもしれないけど、とりあえずXPageSpeedはオフにしておこうかな。

XPageSpeedを元に戻したら直った

 

レイアウトも直った。上の管理画面のバーのところのレイアウトが崩れてたっぽいですね。

スコアも元に戻りました。

pagespeedinsights xspeed xserver

残念な結果だったけど、エックスサーバーさんはサーバーキャッシュやXアクセラレータver.2機能で結構早くなったから、それだけ使えばいいかな。

おわりに 私の場合は競合しちゃってダメだったけど、競合しなければ使えるかも?

残念ながら私の場合は競合しちゃってダメみたいだったけど、競合していなければ普通に使えるかもしれません。

検索したら「二倍くらい早くなりました!」って人もいたし、環境によると思う。

あとは競合してる機能の設定を変えてみればまた変わってくるかもしれないけど、大変そうだからそこまではちょっと(;^_^A

Cocoonは高速化設定切ればすぐできそうだけど、WP Optimizeプラグインは多機能で便利だし外したくないなぁ…。

 

そういえば最近Cocoon作者のわいひらさんが「エックスサーバーさんにCocoonを事業譲渡しました」って記事書いてたから、上手くCocoonとエックスサーバーが融合していくかな?と期待。

開発は引き続きわいひらさんが行うみたいです。

Cocoonをエックスサーバーに事業譲渡した理由
この度、僕がこれまで開発・運営していた「無料WordPressテーマのCocoon事業」を、「エックスサーバー株式会社」に事業譲渡させていただくことになりました。加えて、今後もこれまでと同様に僕が開発・運営に関わっていく業務提携も行いました
大人気WordPressテーマ「Cocoon」開発事業を譲り受け、開発者わいひら氏と業務提携締結、圧倒的なWordPress環境の提供へ
レンタルサーバー【エックスサーバー】からのお知らせ | 2022/09/07 大人気WordPressテーマ「Cocoon」開発事業を譲り受け、開発者わいひら氏と業務提携締結、圧倒的なWordPress環境の提供へ

 

まぁダメだった記録も残しておくと誰かの参考になるかもしれないので、一応参考までに。

後でやってみて良い結果が出ればまた追記します(*^-^*)

タイトルとURLをコピーしました