VRoid Studioで作ったモデルをVRChatに上げてVRで動かしてみたメモ

VR

バーチャル3Dクリエイター神部まゆみです(*^-^*)

VRoidモデルをVRChatに上げてみたから、それについての記事です。

 

検索すれば先輩たちがもっと詳しく書いてくれてるかな?

でも「この通りやったら動いた!」だと理解も深まらなそうだから、一から試行錯誤しつつやってみます。

詰まったらその都度調べてみる感じで。

使用したのはVRoid Studio v1.11.1、unity2019.4.31f1、VRChat SDK3.0です。

■PR■

2022/12/31 23:59までにMeta Quest2を買うと、なんと初回限定であのBeat Saberがタダで貰えるようです!(詳細は商品ページで)

Meta Quest 2—完全ワイヤレスのVRヘッドセット【数量限定Beat Saber無料ダウンロード付】—128GB|Amazon

この機会にメタバースデビューして、ライバルに差をつけよう😎

事前準備

事前準備について一応おさらいしておきます。

VRoid Studioでモデルをエクスポートしておく

最初にVRoid Studioでモデルを作成してVRMエクスポートしておく必要があります。

VRoid Studio VRMエクスポート

ポリゴン・マテリアル・ボーンを削減しておいたほうがいいかも

VRChatのPC版はQuest版より制限が緩いけど、重いと読み込みに時間がかかるから、見た目が変にならない範囲で軽くしておいたほうが良いかも。

全部マックス削減したら三分の一くらいになった。

VRoid Studioポリゴン削減

 

このあたりが限界かな?

やりすぎると髪の毛や靴がおかしくなったので、ちょっと余裕を持たせておいたほうがいいかも。

VRoid Studio エクスポート 削減

でもボーンがこれ以上減らないので、Quest版でパフォーマンス上げたりFallbackアバターにしたいなら、blenderで手動でボーン削除して減らさないといけないかも。

ポリゴン数もこれ以上減らしたいならblenderでデシメートするしかないかな。

VRChatのランクを上げておく

これは以前記事で書きました。

VRChatで9時間くらい遊んだらトラストレベルが上がって、アバターをアップロードできるようになった
バーチャル3Dクリエイター神部まゆみです(*^-^*) 最近VRchat始めて、VisitorからNew Userにランクアップしたからそれについての記事です。 New Userに上がるとオリジナルのアバターをアップでき...
VRChat Plusに登録してみた!課金すればトラストレベルは上がるのか?
バーチャル3Dクリエイター神部まゆみです(*^-^*) この記事はVRChat Plusに登録してみた記事です。 VRChat Plusに登録するとトラストレベルが上がるらしいので、課金してみました。 実はまだNe...

unityをインストール

VRChatはまだunity2019.4.31f1ですね。

流石にそろそろバージョン上げてくるかな?(;^_^A

Currently Supported Unity Version
This page lists the current Unity version you should use when creating content for VRChat, as well as links to the correct version for both Unity Hub and direct...

ここのアーカイブからダウンロードできます。

Get Unity - Download Archive - Unity
Unity is the ultimate game development platform. Use Unity to build high-quality 3D and 2D games, deploy them across mobile, desktop, VR/AR, consoles or the Web...

unityにuniVRMを入れておく

ここからuniVRMのunitypackageをダウンロードします。

Releases · vrm-c/UniVRM
UniVRM is a gltf-based VRM format implementation for Unity. English is here . 日本語 はこちら - vrm-c/UniVRM

v.0.100.0からは、もうunity2020.3以降のバージョンしかサポートしなくなったらしいですΣ(゚Д゚)

v0.100.0

このバージョンから Unity の最低バージョンが Unity-2020.3 になりました。
Unity-2021 も UPM の動作を確認しています。

まだVRChatは2019.4.31f1なんだよね…。

まぁこれでも普通に動くんじゃないかって気もするけど、念のためバージョン0.9台の最新版にしておけばいいかな。

 

2022/08/07現在だと、v0.9台の最新版はv0.99.4っぽいです。

Release v0.99.4 · vrm-c/UniVRM
#1746 の修正です。

ダウンロードしたらunityアセットフォルダにD&Dしてインポートする。

unityにVRC SDK3.0 Avatarを入れておく

VRChatアカウントでログインしてダウンロードページに行く。

https://vrchat.com/home/download

ダウンロードしたunitypackageをunityアセットフォルダにD&DすればOK。

vrchat dsk3 avatars インポート

VRChat SDK3.0でPC版のアバターをアップした手順

Quest版のも上げようかと思ったけど、とりあえず今回はPC版だけね。

手順1:VRoidモデルをインポートしてシーンに配置する

VRoidモデルをインポートするとファイルがたくさんできるので、フォルダ作ってインポートしたほうがいいかも。

vroid unity インポート

シーンに配置します。

一応トランスフォーム位置をXYZ0にしておく。

VRC用に目線を合わせる時にこっちのほうがやりやすかったため。

手順2:VRC Avatar Descriptorコンポーネントを追加して設定

コンポーネントを追加 → vrc と入れれば出ます。

とりあえず今回は目線の位置だけ合わせておきます。

vrcavatardescrpitor 目線

手順3:エラーを潰す

とりあえず一個だけなのでAuto Fixを押せばOK。

A Material on~の警告はとりあえず無視で。

手順4:アップロードする

警告は出てるけどパフォーマンスGoodで行けるっぽいのでこれでアップしてみます。

vrchat avatar performance good

一応カメラの位置だけ調整してアップ。無事成功しました。

vroid vrchat avatar upload

手順5:VRChatで動作確認する

ちゃんと動いた!やったぜ( *´艸`)

vroid vrchat upload

PCVRでも動いた!

せっかくだから

Meta Quest2 + VirtualDesktop + SteamVRで、VRモードでもやってみました。

しっかり受肉できたでござるぞ( *´艸`)

警告をどうするか?

とりあえずエラーではないからアップできたけど、警告が気になるかな。

vrchat avatar performance good

A material on this avatar has custom shader keywords. Please consider optimizing it using the Shader Keywords Utility.

調べたけどあんまりいじらないほうがいいっぽい?

とりあえず動くから無視でいいかな。

Lower arm is not first child of UpperArm or Hand is not first child of LowerArm: you may have problems with Forearm rotations.

これ調べたら無視してもいいらしいけど、多分UpperArmの子の一番上にLowerArmが来るように設定できればいいのかな?

そもそもUpperArmの子にLowerArm以外あるのかと見てみたら、どうやらVRoidの服にボーンがあるっぽい。

Topsって書いてあるから多分そう。

Lower arm is not first child of UpperArm or Hand is not first child of LowerArm: you may have problems with Forearm rotations.

LowerLeg is not first chiled~も、スカートのボーンが原因みたいです。

Lower Leg is not first child of UpperLeg or Hand is not first child of LowerLeg: you may have problems with Forearm rotations.

blenderに読み込んで服のボーンを削除したら直った

服にボーンがあってもVRChatでは多分使わないと思ったので、blenderで読み込んでボーン削除したら警告消えました。

その後普通にアップしてVRChatで動いたから多分大丈夫だと思う。

インポート設定とかプレハブ設定とかで、LowerArmの順番を一番上にできれば削除しなくても大丈夫かもしれない。

でも削除しないと後でやるFallbackアバターの制限にひっかかるので、思い切って削除しました。

The angle between pelvis and thigh bones should be closed to 180 degrees(this avatar’s angle is 0.0) Your avatar may not work well with full-body IK and Tracking

フルボディトラッキングする場合に必要になるっぽい。

Rig Requirements
Export Settings When exporting your rig from your 3D editor of choice, ensure your coordinate settings are correct. Most of the time, the defaults are correct. ...

blenderでボーンの位置を変える感じかな?

とりあえずMeta Quest2しか持ってないからいいか…。

 

こちらの優秀な先輩によると、Hips~UpperLegの角度の問題みたい。

【VRChat】アバター製作者向けフルトラ関連よくある問題|霧島みけ|note
ヒューマノイドボーンの正しい配置 丸投げですがこちらが詳しいです。 仕様などを知らない人はまずはここから。 フルトラッキングすると身体が斜めになる 3点トラッキングでは問題ないのに、フルトラッキング時だけアバター全体が斜めになったり、膝の曲がり方が左右で異なったり、肩が左右で高さが違うなどと言っ...

Hipsの位置を動かして180度以上にすればいいのかな?ウェイトがおかしくならないか不安だけど…。

後でやって記事にしてみるかもしれない。

つづく?

案外簡単にできて良かった!

今Quest用のやつもアップしようと思ってやってるけど、テクスチャ透過の問題でつまづいた(;^_^A

一応アップはできたけど、手動でテクスチャを合成してやらないといけないっぽい。

でもクオリティ落とせばFallbackアバターにもできるかも?

 

もうちょっといじってみます(*^-^*)


追記:続きを書きました

VRoid Studioで作ったモデルをVRChatに上げてみたメモ➁ 透過を調整してQuest版でアップしてみた
VRoid Studioで作ったモデルをVRChatにQuest版で上げてみました。テクスチャやシェーダーの透過などを調整しました。

 

タイトルとURLをコピーしました