Cocoon(WPテンプレート)作者のわいひらさんに寄付してみたメモ

Webサイト運営関連

バーチャル3Dクリエイター神部まゆみです(*^-^*)

 

この記事は、Cocoon作者さんのわいひらさんに寄付してみたメモ。

寄付しましたアピールをして「まゆみちゃんマジ天使!」と好感度を上げるのがこの記事の狙いです(笑)。

いや、単純に寄付したかったのと、記録に残しときたかっただけです(;^_^A

 

私は割と寄付とかするほうで、以前wikipediaに寄付したりした。

300円だけだけど(笑)。

wikipediaがまゆみに支援を求めてきた!300円(+手数料35円)寄付してあげたよ( *´艸`)
バーチャル3Dクリエイターの神部まゆみです!(*^-^*) 今日wikipediaで調べものをしていたら、こんなメッセージが出てきたのΣ(゚Д゚) wikipediaは寄付で成り立っているらしいんだけど、...

 

Cocoonはすごい多機能なうえ無料で使えるから、3000円寄付してみました。

wikipediaの10倍!(笑)まぁCocoon使用料ってことで。

Cocoon作者さんに寄付したい人は参考にしてみてね。

 

 

————-PR———————-

現在、人気アセットが50%オフのunityアセットサマーセールをやってるみたいです(日本時間2021/08/09 PM15:59まで)。

unityアセット スマッシュヒット・サマーセール

週によって割引になるアセットが変わるようなので、欲しいアセットがあるならチェックしておくと良いかも。

————————————-

Cocoonとは?

無料で使えるすごいワードプレステンプレート。

すごいべんり。すごい。つよい。

Cocoon
SEO・高速化・モバイルファースト最適化済みのシンプルな無料Wordpressテーマ。100%GPLテーマです。

スキン?も豊富なうえ多機能なので、ワードプレス使うならとりあえずこれを使えば間違いないと思います。

Cocoon作者のわいひらさんは障害を持っていて今大変らしい…(-_-;)

Cocoonの作者わいひらさんは、昔事故か何かで重度の障害を負ってしまい大変らしいです。

最近は更に大変な病気を発症してしまい、ただでさえ大変なのに更に大変らしい(-_-;)

こちらに詳しく書かれています。

Cocoonの寄付特典機能の追加について
新しくCocoon寄付特典を追加した経緯や、特典内容などを説明させていただきます。これまでの経緯Cocoonは、2014年7月に公開したSimplicityの後継テーマとして、2018年3月に無料テーマとして公開しました。公開当初のCoco

なんか、音声入力とか視線入力デバイス?みたいなのを駆使して、PCを操作したりプログラミングしたりしてるらしいです。

Cocoonのサポートフォーラムでも真摯に回答していて、なんかすごいんですよねこの人…。無料なのに。

この人を見るたびに「自分ももっと頑張らないと」と襟を正す思いになります。

実際に寄付してみた

具体的な手順はこちらのCocoon公式ブログの記事が詳しいです。というかこの記事から寄付できます。

Cocoon寄付特典機能のアクティベートコードを入手し登録する方法
Cocoon v2.3.3から、開発のご支援をいただいた方に特典機能を追加しました。以下は、特典機能を利用するために必要となるアクティベートコードを入力し機能を有効化する方法の説明です。アクティベートコードを取得するまずはこちらのページに移

↑のページの「支援する(1000円~)」を押せば寄付メニューが出てきます。

 

どうするかな…せっかくだから3000円くらい寄付しようかな。

Cocoon無くなっちゃったら困るし、このブログもちょこちょこ広告収益が発生してたり、BOOTHでちょこちょこ買ってくださる方もいるし。

ていうか機能を考えたら安すぎるくらいか( ̄▽ ̄;)

寄付しました画面が出た。メールアドレス宛に、寄付特典者用のアクティベートコードが届くみたい。

 

なんか領収書?とアクティベーションコードのものらしきメールが来ていた。

このアクティベーションコードを入力すれば、Cocoonの追加機能が使えるようになるみたい。

決済はアメリカの大手決済サービスのStripe経由だから安心みたい

正直、最初「いくらCocoonの作者さんとはいえ、これ決済のセキュリティとか大丈夫なのかな?」と警戒してしまった( ̄▽ ̄;)

でもStripeっていう大手の決済サービスを使ってるみたいだから安心みたい。

インターネットビジネスのためのオンライン支払い処理 - Stripe
インターネットビジネスのオンライン支払い処理。Stripe は、不正防止や定期支払い管理に対応し、あらゆるサイズのオンラインビジネス向けのコマースを支援する支払い API スイートです。Stripe の決済プラットフォームを使用して支払いをオンラインで受け入れ処理し、使い易いコマースソリューションを実現しましょう。

いやあの、最近フィッシング詐欺とか巧妙になってきてるので、一応ね(;^_^A

 

あのZOOMやslack、DeNAや日経など、そうそうたる大企業も導入しているみたいなので安心ですね。

stripe

寄付するとCocoonの追加機能が使えるみたい

正直寄付がしたかっただけだから、特典は別になくてもいいかなと思ったけど…。

ただでさえ高機能で申し訳ないくらいだし( ̄▽ ̄;)

でも使えるならありがたく使わせて貰います。

 

ワードプレス管理画面から、 Cocoon設定 → 寄付 の画面に行き、アクティベーションコードを入力して保存すれば良いっぽい。

あっ、なんか「有効」って表示が出てるので、有効になったみたいです。

寄付特典は、

  • FAQブロック(リッチスニペット対応)(詳細
  • HTML挿入ボタン(※ショートコード)(詳細
  • 更新日表示ショートコード(詳細

の三つらしいです。

更新日表示ショートコードは手軽で使いやすいかな?

FAQブロックとHTML挿入ボタンもいいけど、更新日表示ショートコードは手軽にすぐできそうだから使ってみようかな。

[updated]と入力すれば、記事の更新日を表示してくれるみたい。

↑は更新日が表示されないように全角カッコで括ってあるから注意。

試してみる。ここに更新日が表示される↓

2021/07/20

 

あ、プレビューしたらちゃんと表示された!

この記事は2021/07/20に更新されました!みたいに使える。

私は結構過去記事に追記したりするから、その時に使ってみようかな。

OFUSEやAmazonギフト券、Amazon広告経由などでも支援できるようです

こうやって多様な支援形態が用意してあると、寄付しやすいかもですね。

寄付・開発支援について
Cocoonの開発支援を行う方法です。

「1000円はちょっと…。でもちょうどAmazonで買い物するから、それなら…」って人は、Amazonの広告リンクを踏んであげると良いかも。

おわりに

これまでCocoonにはだいぶお世話になってるから、ちょっと寄付してみました。

無料なのが申し訳ないくらい多機能で、後で支援したいと思ってたし。

お金があればこうやって寄付したりもできるから、もっとこの活動や仕事を頑張らないとね(;^_^A

 

ワードプレスでブログやってる人はCocoonおススメなので使ってみるといいかも。

Cocoon
SEO・高速化・モバイルファースト最適化済みのシンプルな無料Wordpressテーマ。100%GPLテーマです。

 

タイトルとURLをコピーしました