首輪3Dモデルunity用5色(改変可能ネームプレート・金具リード付)の説明や導入手順など

BOOTH販売物について

バーチャル3Dクリエイター神部まゆみです(*^-^*)

 

この記事では、以前BOOTHにアップした首輪3Dモデルの詳しい説明や導入手順を書いておきます。

出来るだけ迷わずに使えるように、詳しく書いておきます。

首輪3Dモデルunity用5色(改変可能ネームプレート・金具リード付) unitypackage・blendファイル付 vrchat対応 - まゆみマート - BOOTH
unityで使える首輪の3Dモデル(5色分)です。赤・黒・青・白・緑とネームプレートありなしで合計10種類あり、それぞれローポリ版とハイポリ版も入っています。 オマケで金具とリードも付いています。 fbxとblendファイルを入れてあります。テクスチャファイルのgimpデータ(GIMP 2.1.30で作成)も入れてあり...

————-PR———————-

現在、人気商品が最大70%以上オフで買えるアマゾンタイムセールをやってるみたいです。

amazonタイムセール祭り 最大70%以上オフ

ゲーミングノートなども安くなっているので、欲しい商品はこの機会に買っておくと良いかも。

————————————-

更新履歴や動作確認済みunityバージョンなど

ファイルを更新した記録や、動作確認したunityバージョンをここに書いていきます。

複雑な機能を使っているわけではないので、よほど抜本的なアップデートがなければ問題ないと思いますが、一応。

気付いたら随時更新していきます。

 

■2022/06/10

・unity2019.4.31f1(LTS)で動作確認済み。

首輪3Dモデルunity用5色(改変可能ネームプレート・金具リード付)の概要

unity用にセットアップした首輪の3Dモデルです。

ネームプレートありとなしの二種類があり、それぞれ5色分、ローポリ版とハイポリ版が用意してあります。

 

ローポリ版は、VRChatやwebGLなど容量制限がきつい場合のために作りました。

ローポリ版はテクスチャを一枚にベイクしてあり、メッシュも一つに結合してあるため、VRChatなどでも使いやすいです。

ハイポリ版のほうがメッシュやマテリアルが分かれているので改変はしやすいです。

ネームプレートあり

ハイポリ版と

 

ローポリ版があり、

 

一応5色分用意してみました。

high

low

high

low

high

low

high

low

ネームプレートあり ポリゴン数

■ハイポリ版

頂点数 2286

△ポリゴン数 4544

メッシュ数 6

マテリアル数 5

 

■ローポリ版

頂点数 205

△ポリゴン数 402

メッシュ数 1

マテリアル数 1

ネームプレートなし

こちらもハイポリ版と

 

ローポリ版があり、

一応5色分用意してみました。

high

low

high

low

high

low

high

low

ネームプレートなし ポリゴン数

■ハイポリ版

頂点数3006

△ポリゴン 6026

メッシュ数 5

マテリアル数 3

 

■ローポリ版

頂点数 201

△ポリゴン412

メッシュ数 1

マテリアル数 1

フォルダの中身

ローポリ版とハイポリ版のフォルダが分かれています。

ネームプレートありとなし、金具とリードにフォルダを分けてあります。

texフォルダ

ここにstandardシェーダーセットアップ済みのマテリアルや、テクスチャファイル(GIMP作業データ含む)が入っています。

マテリアルはこんな感じです↓

 

BakeTextureフォルダには、ローポリ版の一枚にベイクしたテクスチャ(pngファイル)5色分が入っています。

規約

  • 改変OK
  • 商用利用OK
  • 法人利用OK
  • 自作ゲームでの利用、販売OK
  • 暴力表現、性的表現OK
  • クレジット表記不要
  • 再配布、再販売NG
  • モデルに添付しての販売NG
  • 自作発言NG

クレジット表記は不要ですが、書きたいなら書いても構いません。

ゲームなどの作品に使う場合、「モデラー:神部まゆみ」などのように、私がスタッフとして参加したかのように書いても構いません。

 

犯罪にさえ使わなければ特に細かいことは言いませんが、使用は自己責任でお願いします。

著作権は放棄しませんので、再配布や自作発言などはNGです。

規約はあくまで目安なので、問い合わせがあれば個別に許可はすると思います。

導入方法

ダウンロードしたzipファイルを右クリック→ すべて展開 で解凍して、

 

unitypackageをunityアセットフォルダにドラッグ&ドロップします。

metaデータ付のフォルダも入れてあるのでそちらでも可。

デフォルトのStandardシェーダーでセットアップしてあるので、シェーダーの初期設定などは不要です。

 

あとは好きな首輪を選んで、モデルのHeadかNeckの子にして配置すると良いでしょう。

VRoidの私のモデルに合わせて作ってありますので、モデルによって大きさはトランスフォームで調整してください。

ネームプレートを改変する

ハイポリ版のネームプレート改変

ハイポリ版はnameメッシュにネームプレート部分のテクスチャが設定してあるので、このテクスチャを改変すればOKです。

texフォルダ内にあるpetテクスチャファイル(png)を編集すれば改変できます。

GIMP作業データも同梱してあるので、GIMPが使える環境ならこちらを改変してエクスポートしても良いでしょう。

オレンジ色の四角のあたりがネームのUV部分なので、表示したい文字や画像を配置すればOKです。

適当に改変してテクスチャを読み込めば改変成功です。

後で何パターンか作って同梱しておくかもしれません(;^_^A

ローポリ版のネームプレート改変

ローポリ版はテクスチャを一枚にベイクしてあるので、好きな色のテクスチャファイル(png)のネームプレート部分を改変すればOKです。

レイヤー分けしたGIMP作業データも同梱してあるので、こちらを改変してエクスポートしても良いでしょう。

こちらもネームプレート部分を改変すれば表示されます。

改変したテクスチャを首輪のマテリアルに設定すればOKです。

 

VRChatで使う

Standardシェーダーでセットアップしてあり、PC版なら特に問題なく使えます。

PC版、Quest版のVRChat SDK3.0でモデルに装着してアップロードして使えました。

VRChatで使う場合は、ローポリ版を推奨します。

 

Quest用に使いたい場合はVRChat Mobile StandardLiteシェーダーに切り替えれば使えますが、同梱はしてないのでVRChatのダウンロードページからSDK 3.0Avatarをダウンロードしてunityにインポートしてください。

VRChat - Home
VRChat lets you create, publish, and explore virtual worlds with other people from around the world.

Quest版はメッシュとマテリアルの制限がきついので、できればアバターと結合させてメッシュ1マテリアル1にしたほうが良いかもしれません。

リードと金具の使い方

こちらは金具とリードが別オブジェクトになっており、FBXとblendファイルが入っています。

それぞれローポリ版とハイポリ版が入っており、Standardシェーダーでセットアップしてあります。

こちらはVRChatでは使わないかなと思ったので、VRChatではテストしてません。

導入方法

首輪につけて使いたい場合は、金具+リードのセットのプレハブを使ったほうがやりやすいです。

首輪の子にしてインポートして位置調整すると、キャラが動いても追従してくれるので楽で都合が良いと思います。

金具のあたりに付ければそれっぽくなるでしょう。

リードは一応リグが組んであります

曲げたり長くしたりしやすいかなと思い、一応リグを組んであります。

が、手動で曲げるのは結構大変かもしれません(・_・;)

移動させると伸縮させられますが、シェイプキーでも伸縮させられるようにはしてあります。

シェイプキーで動かす

重力で下にたわむ感じのやつを作るつもりでしたが、一応上下と伸縮するシェイプキーも作ってみました。

リードのシェイプキー説明

Down 下にたわむ感じになります

Up 上にたわむ感じになります

Short 取っ手側から短くなります

Long 取っ手側から長くなります

おわりに

以上です。

手を加えたら随時更新していきます(*^-^*)

首輪3Dモデルunity用5色(改変可能ネームプレート・金具リード付) unitypackage・blendファイル付 vrchat対応 - まゆみマート - BOOTH
unityで使える首輪の3Dモデル(5色分)です。赤・黒・青・白・緑とネームプレートありなしで合計10種類あり、それぞれローポリ版とハイポリ版も入っています。 オマケで金具とリードも付いています。 fbxとblendファイルを入れてあります。テクスチャファイルのgimpデータ(GIMP 2.1.30で作成)も入れてあり...
タイトルとURLをコピーしました