VRoidのおっぱいに乳首をBlenderで追加する方法!ショートカットキーと数値入力で誰でも簡単にすぐできる

Blender

バーチャル3Dクリエイター神部まゆみです(*^-^*)

 

今日はVRoidのおっぱいにBlenderで乳首を追加する方法を書くよ。

後ですぐ簡単に作れるように、ショートカットキーと数値入力で簡単にできるようにしてあるよ。

Blender2.82と、VRoidStudio 0.11.2でやりました。

 

胸の大きさはVRoidStudioで「胸を大きくする」1.00、スライダー指定できるマックスでやります。

もっと小さめでもこのページの順序である程度作れると思いますが、小さい胸の子は正常動作するかはわかりません。

 

この記事のやり方でやれば、こちらのBOOTHで販売してるテクスチャにいい感じに適合するので、良かったらどうぞ。

【VRoid肌Bodyテクスチャ】乳首ありのつるぺた肌!レイヤー分けしたGIMPデータも - まゆみマート - BOOTH
VRoidStudioで使えるBody肌テクスチャです。 乳首やハイライトがありえっちな感じです。一応性器部分とア〇ル部分にうっすらと書き込みあります。 GIMP2.10.20で作成したxcfデータも入ってます。ハイライトや乳首部分など、かなり細かくレイヤー分けしていますので、改変しやすいです。 実際に私が使っているテ...

VRoidのおっぱいに乳首を追加する方法

まずはVRoidStudioで素体のままエクスポートするか、服ありのままエクスポートしてBlenderでオブジェクト分割するのもいいでしょう。

後者のほうがスカートのボーンが使えるのでいいと思いますが、ここでは書きません。

 

BlenderでVRMインポートし(VRM_IMPORTERが必要です)、Bodyを選択して編集モードに。

 

5キーを押して平行投影にしておきましょう。

テンキーがない人は、preferenceの入力設定で「テンキーを模倣」にチェックする必要があるかもしれません。

右乳輪~右乳首を作る

ミラーしてやる方法もあるみたいですが、やったことないので別々に作ります。

 

中心から二周ぶん選択し、

ここを選択した状態で、G Y -0.005と入力し、エンターキーを押します。

意味はG(移動ツール)で-Y軸方向に0.005動かす です。

 

いい感じに乳輪部分が盛り上がった感じ。

 

今度は真ん中から一周分を選択し、

選択した状態のまま、 G Y -0.002と入力してエンターキーを押します。

すると緩やかに盛り上がっていい感じに。

選択を解除せず、その状態で E Y -0.004と入力してエンターキーを押すと、押し出しツールで乳首部分ができます。

ただ、下から見るとちょっと右に寄ってしまっているので、微調整しましょう。

選択を解除せず、そのままの状態で G X -0.0015と入力し、エンターキーを押します。

これでいい感じに。

乳首部分を微調整する

これで完成でもいいですが、ちょっと角ばってるかな?ちょっと微調整しましょう。

乳首根元を選択して、 S 1.2と入力してエンターキーを押し、少しだけ根元を広げて緩やかにします。

 

あとは乳首先端部分をもう少し滑らかにしましょう。

先端部分を選択して、

面倒なのでキーだけ書いておくので、その通りに入力してください( ̄▽ ̄;)

E Y -0.001 エンター
S 0.7 エンター
G X -0.0005 エンター
G Z 0.0005 エンター

これで割といい感じになったかな?

私はやりませんが、乳首先端を陥没させたい場合は、先端部分を細分化してGキーでモデル内部側に頂点を移動させたりすればいいでしょう。

左乳輪~左乳首を作る

これは右とほぼ同じで、キー入力がXの部分だけが変わり、マイナス入力が無くなります。

選択する頂点は右と全く同じなので、↑に載せた画像を参考にしてやってください。

 

キー入力だけ書くと、

G Y -0.005 エンター

G Y -0.002 エンター

E Y -0.004 エンター

G X 0.0015 エンター

 

〇乳首部分を微調整する

S 1.2 エンター

E Y -0.001 エンター

S 0.7 エンター

G X 0.0005 エンター

G Z 0.0005 エンター

 

太字部分だけX軸操作する部分なので、そこだけ右と違います。

完成!機械的に指定した割にはかなりいい感じ

うん、まぁいいんじゃない?

BlenderとVRoidが使えて、範囲選択とキー入力さえできれば誰でも作れるし。

サイズが気に入らないなら、Sキーで拡大縮小すればOK。

形はそこそこに、あとはテクスチャやシェーダーに凝ったほうがいいかもしれない。

手順さえ分かれば1分くらいでできる。GIFを撮ってみた(笑)

短いからGIFでもいけるだろうと思ったけど、かなり重いです( ̄▽ ̄;)

 

形が微妙に円になってないのか、Altクリックしても円選択できなかった。のでチマチマ選択してます(-_-;)

 

エクスポートエラーが出たら、Bodyを選択して編集モードに、Ctrl+Aで全選択して、Tキーで三角化すればOK

面はすべて三角である必要があります~みたいなエラーが出る場合は、これでOK。

注意点:そのまま服を着せると乳首がはみ出る(笑)服のメッシュを移動ツールで大きくするか、シェイプキーで乳首部分を縮小させることを推奨

そもそもVRoidに乳首を追加しようとしてる人は、紳士向けのスケベなことに使いたい人だと思うから、ハダカのままでいい人が多いと思うけど(笑)

服を着せる場合は乳首がはみ出ちゃうので、服を大きくするか、必要ない時はシェイプキーでしまっておけるようにしておいたほうがいいと思う。

というか、今回やった手順をシェイプキーで作ってしまうのが一番いいかな。

そうすれば通常状態はデフォルトVRoidのままになるので、乳首がはみ出ることはないよ。

シェイプキーを作るには

オブジェクトモードでBodyを選択したまま、向かって右下の▽みたいなアイコンを押すとメニューに出てくる。

+を二回押すと、「Basis」「Key1」っていうのが作られるので、Key1をMuneとか適当な名前に変えて、それを選択した状態のまま、あとはこのページの手順通りにやればOK。

Basisってのはデフォルトの状態で、それ以降のやつは値を変えることで形状を変化させたりできる。

シェイプキーで今回のやつを作るとこんな感じになって、MMDのモーフみたいに使える。

エクスポートするときは、カーソルをBasisに戻しておかないと、unityに持って行った時にカーソルのあるシェイプキーが最大でONになったまま読み込まれちゃうみたい?だから注意ね。

 

このシェイプキーの使い方さえ覚えれば、乳首を立たせたり色々使えるから便利だよ。

おわりに

このあたりは好みだから、人によってもっと違う風な感じにしたいってのがあると思う。

数値や選択範囲を少し変えるだけでも、だいぶ違う感じのが作れると思うよ。

今回のやり方でやれば、こちらのBOOTHで販売してるテクスチャにいい感じに適合するので、良かったらどうぞ。

【VRoid肌Bodyテクスチャ】乳首ありのつるぺた肌!レイヤー分けしたGIMPデータも - まゆみマート - BOOTH
VRoidStudioで使えるBody肌テクスチャです。 乳首やハイライトがありえっちな感じです。一応性器部分とア〇ル部分にうっすらと書き込みあります。 GIMP2.10.20で作成したxcfデータも入ってます。ハイライトや乳首部分など、かなり細かくレイヤー分けしていますので、改変しやすいです。 実際に私が使っているテ...

 

参考にできる部分があれば参考にしてね。

 

タイトルとURLをコピーしました